果物

パイナップル

挿し木した地植えパイナップルの防寒対策・越冬方法

南国フルーツのパイナップルはヘタを挿し木することで栽培することができますが、日本で栽培するには沖縄を除くとかなり厳しいフルーツです。 耐寒温度は5℃程度までとなっており、我が家のある比較的暖かい九州ですら厳しいです。 ちなみに、昨年は特になんの対策もせずに冬越しさせようとしたところ見事に枯れてしまいましたので今年こそは冬越ししたいところです。 ということで今回は挿し木した地植えパイナップルの耐寒対策・越冬方法について紹介します。
ナシ

種から育てたナシ(2年生苗)の定植方法

種から発芽させて育て始めたナシですが、1年かけてかなり背が高く伸びました。 冬の間は葉を落としてしまうので枯れていないか不安ではありましたが春先になって無事新芽が出てきました。 いつまでもプランターで育てていては生育が悪くなるので、気温が上がりすぎる前に地植えしてしまいたいところ。 あまり暖かい季節に植え替えするのもナシの木にとっては負担になってしまうため、ようやく時間の取れた4月に植え替えをやってしまいます。 ということで、今回は種から育てたナシの定植方法について紹介します。
パイナップル

【挿し木】クラウンから発根させたパイナップルの植え付け方法

パイナップルはとても甘くて香りの強い南国フルーツですが、最近では芯まで食べることができる台湾パイナップルなども普及してきたので以前に比べるとかなり食卓に並びやすいフルーツになりました。 近所のスーパーだと1個150円を切ることもザラで、しかもとても甘くて申し分ありません。 そんなパイナップルですが、上のヘタの部分=クラウンを挿し木することでもう1度パイナップルとして育てて収穫することができます。 パイナップルの挿し木方法については下記のリンクを参照いただくとして、今回は発根したパイナップルのクラウンの植え付け方法について紹介します。
イチゴ

コンパニオンプランツと一緒にいちごの種から育てた苗&ランナー苗を露地栽培する方法

昨年から栽培をはじめたイチゴですが、今年の夏は大量にランナーをつけてくれましたのでたっぷりと苗を取ることができました。 さらに、種から育てたイチゴの苗も順調に大きく成長していて定植できるサイズになってきました。 昨年はわずかに2つのプランターで栽培していましたが今年はとにかく大量の苗が準備できてしまいましたので、気合を入れて地植えして家庭菜園でイチゴ狩りができるように育てていきたいと思います。 ということで、今回はコンパニオンプランツと一緒にいちごの種から育てた苗&ランナー苗を露地栽培する方法を紹介します。
家庭菜園

【初心者でもできる】種から育てた桃の木の定植方法

今年の春に種から発芽させた桃の苗が順調に成長して大きくなりました。 すでに鉢の下に根がはみ出すほどになっているので、少し早い気もしますがこのタイミングで定植することに決めました。 ということで、今回は種から育てた桃の木の定植方法について紹介します。
ナシ

種から発芽させたリンゴ・ナシの植え替えと生育状況

休眠打破したリンゴの種からの実生方法ではリンゴだけしか紹介していませんでしたが、実はナシも一緒に発芽させていました。 リンゴもナシも同じバラ科の植物なので、基本的には発芽の方法も成長の仕方も変わりません。 順調に成長してきたので早めに鉢上げしてあげることで成長スピードをグッと上げることができるのはこれまでの経験で知っているのでさっそく鉢上げしていきます。 更新をすっかりサボっていたので鉢上げ自体は5月に済ませていて、現在ではかなり大きく成長させることができています。 そこで今回は種から発芽させたリンゴ・ナシの植え替えと生育状況について紹介します。
アボカド

発芽して半年経過したアボカドの苗の植え替えと成長具合

昨年の秋口に種から発芽させたアボカドの苗ですが、一冬越えたのでそろそろ植え替えをしてあげようと行動に移しました。 九州なのに結構な積雪に見舞われたこともあり、完全に枯れたと思っていたアボカドですが春先になって気温が上がってきたら見事に息を吹き返してくれました。 今回は発芽して半年経過したアボカドの苗の植え替えと成長具合について紹介します。
家庭菜園

グングン成長する発芽した桃の苗の植え替え方法

昨年食べた桃の種を冷蔵庫で休眠させて、今年の4月に実生した苗ですがいい感じに育ってきてくれました。 これが野菜の苗であればもう少しポットで育てて、いい頃合いで畑に地植えすればいいのですが桃の苗の場合は適当に地植えにすることもできません。 かといって、活動量の落ちる秋口あたりまで待っているとかなり窮屈な状態になってしまいそうな感じです。 そこで、若干リスクは伴いますが大きめの鉢に植え替えることにしました。 今回は発芽した桃の苗の植え替え方法について紹介します。
イチゴ

種から発芽させたイチゴの苗の半年後の成長状態

イチゴはランナーから増やすのが通常ですが、イチゴの苗を持っていない方がイチゴを育てようと考えた場合はイチゴの種から育てることになります。私も昨年の段階ではイチゴの苗をもっていませんでしたので、イチゴの種から発芽させて育ててきました。それが昨年の9月頃の話なんですが、イチゴの種からの実生=発芽させることには成功して現在でもすくすくと成長しています。イチゴの旬は冬の寒いころのイメージが強いと思いますが、実は3~4月が本来の旬なんです。昨年末に種から育て始めたイチゴの苗は1回目の収穫期を迎えたことになりますが、どんな結果だったのでしょうか?ということで、今回は種から発芽させたイチゴの苗の半年後の成長状態について紹介します。
イチゴ

【初心者でもできる】ランナーから翌年用のイチゴの苗を育てる方法

プランター栽培でイチゴを育ててはじめて初の収穫期が来ました。プランターからひょろひょろと伸びている茎のようなものを発見して「なんだこれ?」と思っていましたが、これが噂に聞くランナー(走出枝ともいいます)ですね。私はイチゴの種から発芽させて数を増やすことも試みていますが、本来であればこのランナーを利用して翌年用の苗を育てていきます。種から育てた場合はなかなか大きくならないので収穫までに時間がかかりますが、ランナーを利用した場合は一冬越した翌年には収穫が可能となるので超優秀。ということで、今回は【初心者でもできる】ランナーから翌年用のイチゴの苗を育てる方法を紹介します。
ビワ

【初心者でもできる】種から育てるビワの実生方法

早くもビワの出回る時期になってきました。 ビワは梅雨時に収穫期を迎える果物で、九州地方でもよく栽培されています。 栽培というか、庭に植わっていることが多い印象の果物ですね。 私はそんなに興味を惹かれるワケではないのですが、嫁さんが大好物のビワなのでやらないわけにはいかないんです。 というわけで今回は【初心者でもできる】種から育てるビワの実生方法を紹介します。
イチゴ

簡易水耕栽培で発芽させたイチゴの苗を効率的に育てる方法

イチゴは主に初夏頃にでてくるランナーから次年度用の苗を育てることで増やすのが一般的ですが、種からも発芽させて育てることが可能です。 ただし、イチゴの種からの生育はかなり難易度が高いので要注意。 これまでに何度枯れさせてしまったかわからないくらいです・・・ とはいえ、効率的に育てる方法は絶対にあるはずなので今回は簡易水耕栽培でイチゴの苗を成長させて、ある程度成長してから土に植え付ける方法を試してみます。
ぶどう

【初心者でもできる】種から育てるぶどうの実生方法

種から育てる×休眠打破シリーズ第3弾はぶどうです。 今回おいしくいただいた種からの実生にチャレンジするのはハニービーナスという白ブドウ。 スーパーで安売りしていたものですが美味しかったので種を取っておくといういつもの習性から今回のチャレンジに発展しました。 ぶどうはつる性の植物なのでリンゴやミカンなどに比べると省スペースで育てることができるのでチャレンジしやすいですよ。 ということで、【初心者でもできる】種から育てるぶどうの実生方法を紹介します。
家庭菜園

【種全般に使える】桃の種を冷蔵庫の中で休眠打破&発芽させる方法

休眠打破した果物の種を実生させるシリーズ第2弾は桃です。 第1弾のリンゴの種の休眠打破&実生の続編みたいなものですが、今回は休眠打破しながら発芽させてしまった特殊例になります。 というか、もはや休眠打破するならこの方法で保管するのがベストなんじゃないかと感じるようになりました。 ということで、今回は桃の種を冷蔵庫の中で休眠打破&発芽させる方法について紹介します。
ミカン

1年生苗に成長したミカンの苗木状況と植え替え方法

昨年種まきしたミカンの苗が一冬越してかなり立派に成長してきました。 さすがに2Lペットボトルをカットして作った簡易鉢では狭すぎると思うので3周りくらい大きな鉢に植え替えすることにしました。 鉢はちょうど空いたブルーベリーの苗木のものを持ってきたのでちょっと大き目な感じもしていますが頻繁に植え替えるわけでもないのでいいかな、と。 むしろ小さいくらいかもしれません。 1年でどれくらい成長したのかを結果報告するついでに植え替え作業についても報告します。
リンゴ

休眠打破したリンゴの種からの実生方法

休眠打破した種から育てるシリーズ第1弾はリンゴです。 よく読んでいただいている方はご存知と思いますが、私の住まいは九州のギリギリ北の方になります。 リンゴといえば寒い地域の果物のイメージですが、福岡県でも栽培されているので本当にギリギリ栽培できそうな感じです。 甘くて美味しいリンゴを家庭でも収穫したい方は早速始めてみましょう。
イチゴ

休眠打破の終わった果物の種子からの実生方法

寒さも和らいで春のポカポカ陽気が嬉しい季節になりました。春は出会いと別れの季節ですが、芽吹きの季節でもありますね。我が家は果物大好き(主に私ですが…)なので、自宅で採れた果物が食べられたらいいなぁ、と考えだしたのが2020年の春ごろ。そこから食べた種を採取しては冷蔵庫で保存して、ついにこの春の季節を迎えました。ということで、休眠打破の終了した果物の種たちの実生プログラムを開始します。
イチゴ

イチゴの種から発芽した苗を移し替えるときの注意点

種から発芽させたイチゴの苗も順調に成長してきましたが、どうも成長の具合が悪くなってきたように感じています。ある程度の大きさまでは育っているので根が絡み合ってしまう前に種まきポットに移し替えをして土もいれかえてあげることにしました。しかし、小さなイチゴの種から発芽して大きくなってきたとはいえ、やはり小さなイチゴの苗なので根もか細いのが難点…ということで今回はイチゴの種から発芽した苗を移し替えるときの注意点を紹介します。
イチゴ

【初心者でもできる】種から育てるイチゴの実生方法

甘くておいしいイチゴは冬が旬と思っている方が多いかと思いますが、実はイチゴの本来の旬は3~4月の春先頃なんです。ケーキには必須アイテムなので年中手に入るようなイメージもありますが、ハウス栽培や輸入品だったりとかなり工夫して入手しているようです。そんな引っ張りだこなイチゴですが、つぶつぶの種がたくさんついているのはみなさんご存知ですよね?だったらいつものように試してみたくなるのが私の悪い癖です・・・w ということで、今回は【初心者でもできる】種から育てるイチゴの実生方法について紹介します。
アボカド

【初心者でもできる】種から育てるアボカドの実生方法

森のバターと呼ばれて栄養価も豊富なアボカドはサラダにはかかせない果物ですね。甘いわけではないので野菜に感じてしまうかもしれませんが、木になる果実ですので分類的には果物です。アボカドは中に大きな種が入っているのでこの種から育てることができそうだなー、と考えたことがある方も多いんじゃないかと思います。もちろん、ちゃんとした種ですので育てることは可能です。ということで【初心者でもできる】種から育てるアボカドの実生方法を紹介します。
タイトルとURLをコピーしました