イチゴ

イチゴ

コンパニオンプランツと一緒にいちごの種から育てた苗&ランナー苗を露地栽培する方法

昨年から栽培をはじめたイチゴですが、今年の夏は大量にランナーをつけてくれましたのでたっぷりと苗を取ることができました。 さらに、種から育てたイチゴの苗も順調に大きく成長していて定植できるサイズになってきました。 昨年はわずかに2つのプランターで栽培していましたが今年はとにかく大量の苗が準備できてしまいましたので、気合を入れて地植えして家庭菜園でイチゴ狩りができるように育てていきたいと思います。 ということで、今回はコンパニオンプランツと一緒にいちごの種から育てた苗&ランナー苗を露地栽培する方法を紹介します。
イチゴ

種から発芽させたイチゴの苗の半年後の成長状態

イチゴはランナーから増やすのが通常ですが、イチゴの苗を持っていない方がイチゴを育てようと考えた場合はイチゴの種から育てることになります。私も昨年の段階ではイチゴの苗をもっていませんでしたので、イチゴの種から発芽させて育ててきました。それが昨年の9月頃の話なんですが、イチゴの種からの実生=発芽させることには成功して現在でもすくすくと成長しています。イチゴの旬は冬の寒いころのイメージが強いと思いますが、実は3~4月が本来の旬なんです。昨年末に種から育て始めたイチゴの苗は1回目の収穫期を迎えたことになりますが、どんな結果だったのでしょうか?ということで、今回は種から発芽させたイチゴの苗の半年後の成長状態について紹介します。
イチゴ

【初心者でもできる】ランナーから翌年用のイチゴの苗を育てる方法

プランター栽培でイチゴを育ててはじめて初の収穫期が来ました。プランターからひょろひょろと伸びている茎のようなものを発見して「なんだこれ?」と思っていましたが、これが噂に聞くランナー(走出枝ともいいます)ですね。私はイチゴの種から発芽させて数を増やすことも試みていますが、本来であればこのランナーを利用して翌年用の苗を育てていきます。種から育てた場合はなかなか大きくならないので収穫までに時間がかかりますが、ランナーを利用した場合は一冬越した翌年には収穫が可能となるので超優秀。ということで、今回は【初心者でもできる】ランナーから翌年用のイチゴの苗を育てる方法を紹介します。
イチゴ

簡易水耕栽培で発芽させたイチゴの苗を効率的に育てる方法

イチゴは主に初夏頃にでてくるランナーから次年度用の苗を育てることで増やすのが一般的ですが、種からも発芽させて育てることが可能です。 ただし、イチゴの種からの生育はかなり難易度が高いので要注意。 これまでに何度枯れさせてしまったかわからないくらいです・・・ とはいえ、効率的に育てる方法は絶対にあるはずなので今回は簡易水耕栽培でイチゴの苗を成長させて、ある程度成長してから土に植え付ける方法を試してみます。
イチゴ

休眠打破の終わった果物の種子からの実生方法

寒さも和らいで春のポカポカ陽気が嬉しい季節になりました。春は出会いと別れの季節ですが、芽吹きの季節でもありますね。我が家は果物大好き(主に私ですが…)なので、自宅で採れた果物が食べられたらいいなぁ、と考えだしたのが2020年の春ごろ。そこから食べた種を採取しては冷蔵庫で保存して、ついにこの春の季節を迎えました。ということで、休眠打破の終了した果物の種たちの実生プログラムを開始します。
イチゴ

イチゴの種から発芽した苗を移し替えるときの注意点

種から発芽させたイチゴの苗も順調に成長してきましたが、どうも成長の具合が悪くなってきたように感じています。ある程度の大きさまでは育っているので根が絡み合ってしまう前に種まきポットに移し替えをして土もいれかえてあげることにしました。しかし、小さなイチゴの種から発芽して大きくなってきたとはいえ、やはり小さなイチゴの苗なので根もか細いのが難点…ということで今回はイチゴの種から発芽した苗を移し替えるときの注意点を紹介します。
イチゴ

【初心者でもできる】種から育てるイチゴの実生方法

甘くておいしいイチゴは冬が旬と思っている方が多いかと思いますが、実はイチゴの本来の旬は3~4月の春先頃なんです。ケーキには必須アイテムなので年中手に入るようなイメージもありますが、ハウス栽培や輸入品だったりとかなり工夫して入手しているようです。そんな引っ張りだこなイチゴですが、つぶつぶの種がたくさんついているのはみなさんご存知ですよね?だったらいつものように試してみたくなるのが私の悪い癖です・・・w ということで、今回は【初心者でもできる】種から育てるイチゴの実生方法について紹介します。
タイトルとURLをコピーしました