摘心すれば大量に収穫できる!春菊の摘心と収穫方法

この記事は約5分で読めます。

春菊のつぼみ

冬の葉物野菜といえばハクサイとならんで春菊も有名です。

味は少し独特で香りが強いので好き嫌いはわかれてしまうかもしれませんが、鍋には欠かせない野菜です。

鍋だけでなく和え物でもおいしくいただける春菊ですが、株数をたくさん植えなくても長期間の収穫が可能ですし、収穫量もどんどん増えていきます。

そこで今回は春菊の摘心と収穫方法について紹介します。

 

家庭菜園には株立ち型の春菊がおすすめ

家庭菜園は栽培スペースがそれほど広くないので1つの野菜を大量に育てるのではなく、いろんな種類の野菜を少しずつ育てる方がほとんどだと思います。

その場合に重要となるのは1株からどれくらい収穫できるかですね。

春菊で収穫量を重視するなら摘み取り栽培が可能な株立ち型のがおすすめです

九州の場合、山間部などの比較的寒さの厳しい地位を除いて、株立ち型の春菊であればとう立ちの始まる春先まで収穫を続けることができます。

一方、株張り型の春菊は基本的に収穫サイズまで成長したら株ごと引き抜いて収穫となるで1度だけの収穫になります。

家庭菜園で栽培するのであれば1株から少しずつ長い期間収穫できるのが理想ですので摘み取り栽培ができる株立ち型の春菊を栽培するようにしましょう。

 

春菊が20cmほどに成長したら摘心する

シュンギクの摘心

春菊の摘心は背丈のそれほど大きくない20cmくらいの頃に済ませます。

摘心すると脇芽がたくさんでてきて収穫量がグンと増えるので摘み取り栽培で必要な分だけ収穫しながら長く楽しむことができます。

 

摘心のやり方はとても簡単です。

上の写真のように株の先端をチョキっとハサミでカットするだけでOK。

あまり下の方からカットしてしまうと株が小さくなりすぎて成長が鈍くなるので、摘心のタイミングは上の方の成長点をカットするだけにしておきましょう。

それでなくても春菊は成長がゆっくりですからね…

12月に入ってようやく摘心だと鍋でたくさん食べられるようになるのはいつになることやら…

 

脇芽は摘心と同じ要領で下葉を残して収穫する

摘心すると成長点がなくなることで脇芽がどんどんでてくるようになります。

この脇芽が20cmほどのサイズまで成長したら摘心と同じ要領で下葉を少し残してカットして収穫します。

下葉の数は5~6枚程度あればOKなので摘心よりも下の方をカットしましょう。

 

最初のうちは脇芽の生育もゆっくりですが、収穫を続けるほどに脇芽の数が多くなっていくので収穫量が増えてきます。

2~3株育てていれば最終的には食べきれないくらいに成長するはずです。

少しずつ株を減らしながら一定の収穫ができるように栽培していくか、最後に大量に収穫できればOKと考えるか。

家庭菜園の空きスペースと相談しながら栽培してみてください。

寒さが気になるなら寒冷紗で防寒対策をする

防虫ネット

防虫対策として使用する寒冷紗は寒さの厳しい地域で春菊を栽培する際の凍結防止に使えます。

たったこれだけのネットであってもあるとないとでは全然違います。

主に霜が春菊を傷める原因となりますが、寒冷紗をしておけばダメージを軽減することができます。

私は九州に住んでいますし、ここのところ冬がそれほど寒くならないので寒冷紗はなくても問題なく栽培できていますが、凍結対策さえしっかりしてあげれば春菊は春先まで収穫を楽しむことができます。

春菊は春菊と書くくらいなので対策してあげさえすれば冬越しは可能ですね。

created by Rinker
¥7,700 (2023/01/26 13:02:58時点 楽天市場調べ-詳細)

 

春菊は摘心しながら長く収穫を楽しもう

今回は春菊の摘心方法と脇芽の収穫方法について紹介しました。

家庭菜園はスペースが限られていますが、株立ち型の春菊を育てることで摘み取り栽培をしながら長期間収穫することが可能です。

自家消費で考えても、1度に大量に収穫するよりも少しずつ長い期間収穫できる方がうれしいですよね。

春菊は1株でもたくさん収穫できるので省スペースで栽培する家庭菜園にはとてもおすすめです。

20cmくらいの背丈まで成長したら摘心し、脇芽をドンドン収穫して春先まで春菊を楽しみましょう。

icon-caret-square-o-rightとう立ちした春菊から種取りする方法

 

とう立ちした春菊から種取りする方法
春といえば菜の花、つまりアブラナ科の花が咲き乱れるイメージがありますが、春は他の植物にとっても実りの季節になります。 おなか一杯すぎるほどに楽しませてくれた春菊ですが、こちらもついにとう立ち&開花してしまいました。 冬場はなかなか背丈が高くなりませんでしたが、とう立ちが始まるとみるみる高くなり、腰丈ほどにまで成長しています。 とう立ちしてしまった春菊は茎も太く、硬くなるので味は落ちてしまいますが、茹で時間を長くすれば食べられないこともありません。 細い脇芽を選べば十分食べられるんですが、花が咲き始めたらやっぱり種取りの方を優先したくなりますね。 ということで、今回はとう立ちした春菊から種取りする方法について紹介します。

 

icon-caret-square-o-rightしっかり育てるタマネギの種まき・苗作りと植え付け方法

 

しっかり育てるタマネギの種まき・苗作りと植え付け方法
秋まきでじっくりと育てて初夏に収穫するタマネギは晩成種であれば保存性も高く、1年分まとめて栽培しておきたいくらいです。 タマネギの根に集まる共生菌は抗生物質を出すので土壌の殺菌消毒の作用もあるため、とりあえず空いた畝があればタマネギの苗を植えておきたいくらいの秋のおすすめ野菜です。 ホームセンターでタマネギの苗を買ってくるのが1番手っ取り早くはありますが、100個・200個と大量に栽培したいのであれば種から育てるのが断然経済的です。 ということで今回はしっかり育てるタマネギの種まき・苗作りと植え付け方法について紹介します。

 

icon-caret-square-o-right大根の間引きのやり方と間引き菜の食べ方

 

大根の間引きのやり方と間引き菜の食べ方
大根の種まきまとめはすっかり忘れてしまって気づけばこんなに大きくなっていた大根。 ふつうは発芽して双葉を広げたくらいで最初の間引きを行うのですが、完全にそこをすっ飛ばして大きなってしまいました。 いつまでも放置しているとしっかりと太った大根が食べられれなくなるので、遅くなりましたが大根の間引きをやっていきます。 ということで今回は大根の間引きのやり方と間引き菜の食べ方について紹介します。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました